FC2ブログ

マレーと錦織 2019

20190112033.png

2016年のマレーの活躍ぶりはすごかった
オリンピックも ウインブルドンもそして ツアーファイナルも
そして念願の1位にもなった

個人的に勝手に考察しています
年間の試合数が83をこえている
オリンピック
デ杯
ツアーファイナルズ
など 通常の試合のほかにも
あまりにも 試合数が多いように感じた
国を背負って
無理を続けていたに違いない

ナダルも試合数がかなり多い年があるが
80を超えるとさすがに きびしいのではないか

マレーはその2016年には 83をこなしている
そしてなんと勝率は 90%超えている
すごすぎる。

フェデラーは最近は80をこえていないが

年間こなせる試合数が 度を超しているように感じた。
故障と戦いながら 選手たちは 全世界を駆け巡っている
過酷労働のように感じた。

20190112666.jpg

錦織もケガから 復帰して今は好調。
しかし 手首の怪我で もうおわりかなと
思ったことがあったようだ

錦織と マレーの試合は
オリンピックとその年の 全米が
印象に残っている。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts